Archive for the Category ◊ 看動畫學日文 ◊

Author:
• 星期六, 二月 25th, 2017

!cid_15a73ff775bdd1e0d2e2
最後の最後に

責任のが果たせなかったことを

辞書編集部の皆さんに詫びします

大渡海完成のには

私はもうこの世にはいないでしょう

しかし今は不安も後悔もありません

大渡海が言葉というたたえた

大海原を行く姿まざまざと見えるからです。

荒木君一つだけ訂正します

私は以前

君のような編集者には

二度と出会えないと言いましたが

あれは間違いでした

君が連れて来てくれた馬締君のおかげで

私は再び辞書の道まい進することができたのです

君と馬締君のような編集者に出会えて本当によかった

あなたたちのおかげで

私の生この上なく充実したものになりました

感謝という言葉以上の言葉がないか

あの世があるなら

あの世で用例採取するつもりです

大渡海編さんの日々は何と楽しいものだったでしょう

皆さんの大渡海の末永く幸せな航海を祈ります

時々思う

僕らは旅人なのだと

そして辞書は僕ら旅人の行き先照らす

人が旅を続ける限り

それは受け継がれ繰り返し書き換えられて

旅人の行き先を照らすだろう

そう信じて 

僕らは繰り返し船を編む

                                             『船を編む』第11話より

!cid_15a73ff5e364164212f1

049174

はたす②【果たす】
[他五・接尾五型]
(他五)完成。實現。實行。
 責任をはたす / 盡責任。
 望みをはたす / 實現願望。
 目的をはたす / 實現目的。
 
わびる③⓪【詫びる】
[他上一]
道歉。賠罪。
 御無沙汰をわびる / 久疏問候敬請原諒
 
あかつき⓪【暁】
[名]
 1.拂曉。
 あかつきを告げる / 報曉。
 2.當……之際。
 成功のあかつきには改めてお祝いをいたしましょう / 待成功之際,再祝賀(您)。
 
このよ③【此の世】
[名]
人間。人世。今世。
 このよを去る / 去世。
 このよのものと思われない / 簡直令人難以置信。 

たから③【宝】
[名]
寶。寶貝。金錢。
 国のたから / 國家之寶。國寶。
 たからの持ち腐れ / 空藏美玉。捧著金碗討飯。
 
たたえる④③②⓪【湛える】
[他下一]
 1.裝滿。充滿。
 杯に酒をたたえる / 杯裡裝滿酒。
 2.滿面。
 笑みをたたえる / 滿面笑容。
 
すがた①【姿】
[名・接尾]
1.[名] 身姿。身材。身段。
 すがたがいい / 身材好。
 りりしいすがた / 威風凜凜的身軀。
 うしろすがた / 背影。
2.裝束。打扮。
 女のすがたになる / 女人打扮。
3.面貌。狀況。
 ありのままのすがた / 本來的面貌。
4.形跡。
 すがたを消す / 消聲匿跡。
 すがたを見せる / 露面。
5.整個的(雞魚等)。
 とりのすがた焼き / 整隻烤的雞。
[同]容姿。
[接尾](穿著某種衣服時的)裝束。
 寝間着すがた / 穿著睡衣。
 ランニングすがた / 穿著背心。
 旅すがた / 旅行打扮。

まざまざ③①
[副]
清清楚楚。歷歷在目。
 この目でまざまざと見た / 親眼所見。歷歷在目。
 
ていせい⓪【訂正】
[名・他サ]
訂正。改正。
 
ふたたび⓪【再び】
[副]
又。再一次。
 二度とふたたびこんな事はするな / 再也不許幹這種事啦。
 ふたたびお会いするまで / 等到下次再見。
 
まいしん⓪【邁進】
[名・自サ]
邁進。勇往直前。
 一路まいしんする / 一往直前。
 
このうえない⑤【此の上無い】
[形]
無比的。無上的。極……。
 このうえない名誉 / 無上光榮。
 この上なく不名誉な事件 / 極不光彩的事件。
 
いじょう①【以上】
[名・接尾‧接助]
1.以上。上述。前面所述。
 いじょう申し述べた通り / 如前所述。
2.(數量)以上。不少於。超過。(程度)超出。更多。
 予想いじょう / 超出預料。
3.既然。
 生きているいじょうは何か仕事をせねばならない / 既然活著,就要做點工作。
 
あのよ③⓪【彼の世】
[名]
來世。死後世界。
 
さいしゅ①⓪【採取】
[名・他サ]
1.選取。採取。
 指紋をさいしゅする / 取指紋。
 薬草をさいしゅする / 採集草藥。
2.提取。
 砂金をさいしゅする / 淘沙金。
 
すえながく③【末長く】[末永く]
[連語・副]
永久。長久。
 
たびびと⓪【旅人】
[名]
旅客。旅行的人。
 
いきさき⓪【行先】
[名]
目的地。
 
てらす②③【照らす】
[他五]
1.照射。照亮。
 月が夜道をてらす / 月光照亮夜路。
 肝胆相てらす / 肝膽相照。
2.依照。參照。
 法律に照らして処分する / 依法處置。
 
かぎり①【限り】
[名]
1.限度。極限。
 あらんかぎり / 盡其所有。
 ぜいたくのかぎりを尽くす / 極盡奢侈。
2.在……範圍內。
 この場かぎりの話 / 只在這說的話,不要外傳。
 非常の場合はこのかぎりではない / 特殊情況,不在此限。
3.只要。
 あやまらないかぎり許さない / 只要不道歉就不原諒。
 仕事があるかぎりは帰らない / 只要有工作就不回去。
 
ともしび⓪③【灯】
[名]
燈。燈火。
 
うけつぐ③⓪④【受け継ぐ】
[他五]
繼承。承繼。
 伝統をうけつぐ / 繼承傳統。
 
くりかえし⓪【繰り返し】
[名]
重複。反覆。
 
かきかえる④⑤⓪③【書き換える】
[他下一]
 重新寫。另寫。
 改寫。
 用新字體寫。 

049174

最後時刻

未能盡到責任

我向辭典編輯部的諸位表示深深的歉意

大渡海完成之時

估計我已經不再人世了

但如今我既無不安也無後悔之意

因為大渡海承載著語言瑰寶

在大洋中航行的樣子清晰可見

荒木君我要更正一點

在此之前我說過

像你這樣的編輯

不會再出現第二個了

我說錯了

多虧你帶來的馬締君

我又可以在編輯辭典的路上大步前行

能遇見像你和馬締君一樣的編輯真是太好了

多虧了你們大家

我的人生才如此無限充實

感謝之上還有什麼詞語呢

如果有那個世界存在那樣的詞語

我會將其收錄在例句採集卡裡

編撰大渡海的日子是多麼的愉快

我會為大家永遠幸福的航海之旅祈福

有時我會想

我們都是旅人

而辭典則是照亮我們旅人前進的明燈

只要人們繼續前進

這盞燈就會代代傳承不斷被書寫

為旅人照亮前進的方向

所以我相信

我們會不斷地編織詞舟
                                                 
 摘自RH翻譯字幕組007845

Author:
• 星期五, 二月 17th, 2017



岸辺:馬締さんは辞書をどんなものだと思っていますか。

真締:それは、またいきなりどうしましたか?

岸辺:馬締さんの考えを教えてほしいんです。

馬締:そうですね。

   人が人と理解し合うための助けとなるものです。

   誰かと話している時、本を読んでいる時

   僕たちはたくさんの言葉に触れますよね

   それらの言葉の向こうにはその言葉を発した人がいる

   その人が何を思って何を伝えたいのか

   理解するための助けとなるもの

   それが辞書だと思います。

   でも辞書は万能ではありません

   人の手で作っていますし

   全ての言葉を集めるなんてできません

   それに言葉は生き物です。

岸辺:生き物?

馬締:はい

         言葉の使い方は時代の変化と共に変わっていき

         新しい意味が加わっていくでしょう

         例えば

岸辺:微妙とか?ヤバイとかも

馬締:そうですね。

   入れ子のように新た意味に包み込まれて

   もともとの意味がわからなくなった言葉もあるのです。

先生:だからこそ辞書は作り続けられるのです

   変化する言葉や消えていく言葉

   新しく生まれる言葉の中でいつの時代でも

   みんなが互い理解し合えるように

   私や馬締君だけでは足りない

   あなたのような若い人の感性もちゃんと取り入れて

   大渡海を編さんしていきましょう

岸辺:はい

       『船を編む』第9話より

049174

又②⓪【また】
[副]
 1.(也寫作「亦」)亦。也。同樣。
 彼もまた商人だ / 他也是商人。
 これもまた傑作だ / 這也是傑作。
 2.(也寫作「復」)再。又。還。
 また伺います / 改日再拜訪。
 またとない機会 / 不會再有的機會。難得的機會。
 3.(表示震驚及強烈的疑問)究竟。又……。
 これはまたどうしたことか / 這究竟是怎麼回事?
 なんでまたそんな事をするんだ / 怎麼會幹出那種事兒
 
いきなり⓪
[副]
突然。冷不防。猛地。
 いきなり人のほおを打つ / 突然就打人嘴巴。
 いきなり白い世界が目の前に開けた / 眼前忽然閃現出一片白色世界。


入れ子
[名]
1.套匣(大小不同,可一個套一個的幾個盒子)。
2.(自己孩子死後)抱養(領養)的孩子。

!cid_15a4acdf73a65a041301

へんさん⓪【編纂】
[名・他サ]
編纂。編寫。編輯。

049174

岸邊:馬締先生覺得辭典是什麼

馬締:怎麼突然想起問這個呢

岸邊:因為我想知道馬締先生的想法

馬締:這個嗎

   是能幫助人們互相理解的東西

   和別人說話的時侯 看書的時侯

   我們接觸了很多語言對吧

   語言的背後是說出語言的人

   那個人在想什麼 想傳達什麼

   為了理解這些的道具

   就是辭典

   但辭典並不是萬能的 

   辭典是人製作出來的

   也不可能包括所有的語言

   而且語言是活的

岸邊:活的?

馬締:是的

   語言的用法隨著時代的變化而變化著

   也會追加新的含義對吧

   比如說

岸邊:微妙啊 糟糕之類的

馬締:是的呢

   像套盒一樣被新的語言層層包裹

   也有原有的含義被遺忘的語言

先生:所以我們會不斷地製作辭典

   變化的語言 消失的語言

   新產生的語言中 無論哪個時代

   為了讓人們能互相理解

   只有我和馬締是不夠的

   也需要加入你這樣年輕人的感性

   讓我們一起編纂大渡海吧

岸邊:好
                                摘自RH翻譯字幕組007845

Author:
• 星期六, 二月 04th, 2017


荒木:馬締、なぜ我々が新しい辞書をこれから作ろうとしているか、わかるか。

馬締:いいえ。

先生:辞書は言葉の海を渡る船です。言葉がなければ、
自分の思いを表現することも、
相手の気持ちを深く受け止めることもできません、
人は辞書という船を乗り最もふさわしい言葉を探して
暗い海面に浮かび上がる小さな光を集める
言葉は光なのです。

しかし、刻々と変化する世界でうまく言葉を見つけられず
行き場うしなった感情を胸に葛藤の日々を送る人もいる
そういう人々にも安心して乗ってもらえるような船
それが我々が作ろうとしている辞書
大きな海を渡ると書いて「大渡海」です。
言葉の大海原を渡る一艘の船を編む
新しい言葉を積極的に取り入れ
簡潔かつ明瞭な語釈を心掛けましょう
「大渡海」を人々の思いに寄り添う辞書にするために

西岡:先生のお話は長くなるのが玉にきずですね
一言で言うとずばりの辞書って何ですか。

荒木:お前は何年辞書編集部に…

先生:まあまあ、そうですね。一言で言うなら
皆がより理解し合える世界を築く一助になるものでしょうか。

西岡:壮大な話だなあ

先生:力を貸してもらえますか。

西岡;おーし、何かいい感じになったところであらためて乾杯しましょう

荒木:まったくお前は

先生:いいじゃありませんか

西岡:ではせんえつながら音頭を取らせていただきます。
オホン!我々辞書編集部の船出に乾杯。

みんな:乾杯。
        『船を編む』第2話より

049174
荒木:馬諦,為什麼我們要編寫新辭典,你知道嗎?

馬諦:不知道

先生:辭典是橫渡語言大海的船,沒有語言
   就無法表達自己的思想
   也無法深刻體會對方的心情
   人類搭乘辭典之舟
   尋找最貼切的語言
   如同收集浮在晦暗海面上微虛弱的光芒
   而這語言就是光芒
   但是在這個瞬息萬變的世界裡
   因無法找到合適的語言
   不乏有人將走投無路的情感藏在心中而鬱悶度日
   讓那樣的人們也能安心搭乘的船隻
   正是我們偠編寫的辭典
   名為「大渡海」
   編寫一艘渡過語言大海之舟
   積極收集新的詞語
   並儘量給以簡潔明瞭的釋義
   這一切都是為了讓「大渡海」
   成為一部能夠貼近人們真實情感的辭典

西岡:老師講話唯一的美中不足就是太長
   請您用一句話概括
   辭典到底是什麼呢

荒木:你小子才來辭典編輯部幾年啊

先生:算了算了,是啊
         用一句話來說的話
         就是能助大家更好地互相瞭解的世界的道具
 
西岡:真是豪言壯志啊

先生:你願助我們一臂之力嗎

馬諦:….(握緊拳頭)

西岡:好,乘此感動之際大家再乾一杯吧

荒木:你小子真是…

先生:挺好的不是嗎

西岡:那麼我就冒昧地帶頭說一句
   咳咳 為我們辭典編輯部的揚帆啟程乾杯!

大家:乾杯

       摘自RH翻譯字幕組007845
049174

うけとめる④⑤⓪【受け止める】
[他下一]
 1.接住。擋住。
 ボールをうけとめる / 把球接住
 2.阻擊。阻擋。
 3.理解。明確地認識。

ふさわしい④【相応しい】
[形]
適合的。相當的。相稱的。
 その名にふさわしい / 名副其實。
 ふさわしいことば / 適合的字眼。

うかびあがる⑤【浮かび上がる】
[自五]
 1.浮出。浮起。
 2.顯露出來。暴露出來。
 問題点がうかびあがる / 問題暴露出來了。
 3.上升。發跡。
 最下位からうかびあがる / 從最下層晉升上來。

こっこく⓪【刻刻】
[名・副]
時時刻刻。每時每刻。

 ゆきば⓪【行き場】
[名]
去處。可投奔之處。
これでゆきばがなくなった / 這一來,無處可去了。

うしなう④【失う】
[他五]
 1.丟。喪失。失掉。
 地位をうしなう / 失掉地位。
 金をうしなう / 丟錢。
 面目をうしなう / 丟面子。
 信用をうしなう / 失去信任。
 2.改變常態。
 色をうしなう / 失色。
 気をうしなう / 昏過去。
 3.喪。亡。
 子をうしなう / 喪子。
 4.迷失。
 道をうしなう / 找不到路。
 5.錯過。
 機会をうしなう / 錯過機會。

かっとう⓪【葛藤】
[名]
 1.心理矛盾。煩惱。
 2.糾葛。

 うなばら⓪②【海原】
[名]
大海。大洋。海洋。

あむ①【編む】
[他五]
 1.編。織。
 セーターをあむ / 織毛衣。
  2.制定。編纂。
詩集をあむ / 編詩集。
 旅行日程をあむ / 制定旅行日程

とりいれる④⑤【取り入れる】
[他下一]
 1.採用。採納。
 新しい思想を取り入れて改革をはかる / 採納新思想,謀求改革。
 要求が取り入れられた / 意見被採納。
 2.收割。收獲。

かんけつ⓪【簡潔】
[名・形動]
簡潔。

かつ①【且つ】
[副・接續]
[副]且……且……。邊……邊……。既……又……。
 かつ飲みかつ食う / 又吃又喝。
 かつ驚きかつ喜ぶ / 既驚又喜。
(接)而且。並且。
 頭がよくかつ人情もある / 頭腦聰明而且通曉人情。

めいりょう⓪【明瞭】
[名・形動]
明瞭。

ごしゃく②【語釈】
[名・他サ]
解釋詞句。詞句的解釋。

よりそう③【寄り添う】
[自五]
貼近。挨近。

たまにきず【玉に瑕】
白璧微瑕,美中不足。

ずばり②
[副]
 1.一針見血。直截了當。
 痛いところをずばりとつかれた / 被人一針見血地捅到了痛處。
 ずばり言ってこうだ / 照直說的話,是這樣的。
 2.喀喳一聲(砍斷、切開)。
 わら束をずばり切り落とす / 喀喳一刀把稻草捆砍斷。
 3.句句擊中要害。
 そのものずばり / 一針見血。一語道破。

きずく②【築く】
[他五]
築。構築。修築。形成。
 城をきずく / 築城。
 基礎をきずく / 打基礎。
 不動の地位をきずく / 確立牢固的地位。

いちじょ②【一助】

[名]
有所幫助。有助於……。

そうだい⓪【壮大】
[形動]
壯闊。雄偉宏大。
 そうだいなスケール / 宏大的規模。

かす②⓪【貸す】
[他五]
出借。出租。
 貸した金を返してもらう / 把借出去的錢要回來。
 力をかす / 幫助。出力。
 手をかす / 幫助。
 耳をかす / 傾聽。
 顔をかす / 允許別人利用自己的名義。露面。出場。

せんえつ⓪【僭越】
[名・形動]
冒昧。放肆。不自量。
 せんえつでありますが / 恕我冒昧……。

おんどをとる【音頭を取る】
率先,指揮。

あらためて③【改めて】
[副]
重。再。重新。
 あらためて言うまでもないことだ / 無須重申的事。

おほん オホン
[感]気取ってせきばらいをする声。
例:「おほん。」と社長は咳ばらいをした。
“咳咳”社长清了清嗓子。