Archive for ◊ 六月, 2016 ◊

Author:
• 星期四, 六月 30th, 2016

トルコ空港テロ、死者41人に=負傷239人、ISの犯行か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160629-00000099-jij-m_est
 【エルサレム時事】トルコ最大都市イスタンブールのアタチュルク国際空港で28日夜(日本時間29日未明)、大きな爆発と銃撃が起き、29日までに41人が死亡、239人が負傷した。
武装した実行犯3人が自爆した。当局は過激派組織「イスラム国」(IS)による犯行の疑いが強いとみて、背後関係の解明に全力を挙げている。
 イスタンブール県知事によれば、犠牲者のうち23人がトルコ人で、少なくとも13人が外国人。地元メディアによると、サウジアラビア人やイラン人などが含まれている。在イスタンブール日本総領事館は29日、「邦人が巻き込まれたという情報には接していない」と述べた。アクダー保健相は、負傷者のうち41人が集中治療室(ICU)で治療を受けていると明かした。
 犯行声明は出ていないが、ユルドゥルム首相はISの犯行の可能性が高いとの見方を示した。事件発生は、トルコ政府が6年ぶりにイスラエルと、7カ月ぶりにロシアとの関係修復を発表し、今後エジプトとの関係改善も視野に入れていることが報じられた直後で、「このタイミングは偶然ではない」と指摘する専門家もいる。
 アタチュルク空港はトルコ最大で、欧州でもロンドンのヒースロー空港、パリのシャルル・ドゴール空港に次いで3番目に利用者が多い。地元メディアによれば、事件が起きたのは国際線ロビー入り口などで、首相は記者団に「容疑者3人はそれぞれ発砲後、自爆した」と説明した。3人はタクシーで空港に乗り付けたという。 

Author:
• 星期六, 六月 25th, 2016

28bc3f16-1fdb-42d1-9a29-74cbf29815de901aa8t0241fa28

読解「思い出の中の小さな駅」005462
高校生のころ、私は小さな村から町の高校まで汽車で通学していました。町までは、たった二両編成の汽車が単線の線路を走っていました。

 広い田んぼ中にボツンと小さいな駅が建っていて、駅前には自転車置き場と店が二、三軒だけあるでした。木造(もくぞう)の駅舎は(はしら)もベンチも古びて黒光りしていました。たった一つのホームへと続く改札口は、木の柵のような形をしていて、一時間に一本しかない汽車が近づいた時だけ開けられました。改札口の上に駅員さんが行き先を書いた札(ふだ)をかけながら、「お待たせしました、OO行きの改札です。」と言うと、待合室の人々がぞろぞろと並び始まるのでした。

  町には高校がいくつがあったので、朝の駅は大急ぎ自転車を止めて駆け込んで来る学生たちであふれていました。私は毎朝少し早く来て、ある人の姿が見えるのを今か今かと待っていました。彼は私とは別の高校の一年先輩で、話をしたこともなかったのですが、なぜか気になってしかたがなかったのです。特にハンサムではなかったけれど、ちょっと背が高くて、夏の制服の白いシャツが素敵でした。彼はいつもぎりぎりに来たので、私は先にホームに出て改札口の方を振り返りながら、「あの人が私の隣に来て『おはよう』と言ってくれないかなあ。」「でも、もし本当にそうなったらどうしょう…。」などと考えていました。

  ある朝私は朝寝坊して、駅に着いた時にはもう近づいてくる汽車の警笛(けいてき)が聞こえていました。慌てて自転車置き場に自転車を止めている時、隣にすっと入って来た自転車は彼のだったのです。私はびっくりしてドキドキしていました。「おはよう。」彼が言いました。「おはよう…ございます…。」私の声は声になりませんでした。急いで改札を通って、一番後ろのドアから汽車に飛び乗りました。汽車の中でも私たちすぐそばに立っていました。私は何か話したかったのですが、何をどう話していいかわからなくて黙っていました。彼も緊張しているのか、私のことなど無視しているのか、黙っていました。汽車の中の人々の目が、私たち二人を見ているような気がして、いてもたってもいられませんでした。汽車が町に着いた時にはがっかりして泣きたいような、それでいてほっとしたような気持ちでした。彼と私はちょっと目で挨拶して、それぞれ別の方向へ降りて行きました。次の日からはなぜか駅で彼と一緒になることはありませんでした。 

 しばらくして、彼が東京の大学に進学したことを人から聞きました。私も次の年に隣の県の学校に進学して村を離れ、そのままそこに残って就職しました。三年前に会社で知り合った人と結婚して、子供も生まれました。このごろは忙しくて、村へ帰ることもめったにありません。ふるさとからの便り(たより)では、あの単線は一昨年廃線になってしまったそうです。汽車が来なかった線路には雑草(ざっそう)生い茂り〔おいしげり)小さな駅だけがひっそりと建っているそうです。

讀解「記憶中的小車站」

在我讀高中的時侯,從小村子裡坐火車到鎮上的高中去上學。到鎮上的只有二節車廂所組成的火車在單線鐵道上行駛著。(待續…)

005463

p.62~63
[II]「思い出の中の小さいな駅」に出てくるいろいろな表現を覚えましょう。
1.下の{  }の中から適当な表現を選び、適当な形にして(  )に入れなさい。

1)荷物を運び出した後の部屋に、電話だけが(ポツンと)残っている。

2)これは鉛筆(のような形)をしているが実は消しボムだ。

3)電車を降りて改札口に向かう人々が(ぞろぞろと)ホームを歩いている。

4)今日は兄の合格発表の日だ。母は、朝から兄からの電話を(今か今かと)待っている。

5)彼はいつも(ぎりぎりに)学校に来るので、遅刻することが多い。

6)好きな人の前では(ドキドキし)て、何も言えなくなってしまう。

7)彼は事故のニュースを聞いて(居ても立っても居られなく)なった。
 彼の妻と3歳の息子がちょうど同じころ出発した飛行機に乗ったのだ。

8)A:映画はどうでしたか。おもしろかったですか。
 B:そうですね。(特に)面白しろいとは思いませんでしたが、歴史の勉強に役に立つと思いました。

9)ゆうべよく寝たのに、なぜか眠くて(仕方がない)。

10)A:よくカラオケに行きますか。
  B:いいえ、(めったに)行きません。

ぎりぎりに  いてもたってもいられない  ポツンと
今か今かと  ドキドキする  ぞろぞろと 特に
しかたがない ~のような形  めったに 

中文翻譯

1.搬出行李後的房間裡,只有電話孤單地留在那裡。
2.這個東西雖然是鉛筆的形狀,其實是橡皮擦。
3.下了電車走向剪票口的人們,陸陸續續地走在月台上。
4.今天是哥哥考試成績公佈的日子,媽媽從早上開始就此心急如焚地等哥哥的電話。
5.他總是最後一刻才來學校,所以常常遲到。
6.在喜歡的人面前忐忑不安,什麼話都說不出來。
7.他聽到事故的消息後坐立不安。因為他的妻子和3歲的兒子正好搭的是同一時間出發的飛機。
8.A:電影怎麼樣?有趣嗎?
 B:我覺得並不是特別有趣,但是有助於學習歷史。
9.昨晚明明睡得很好,不知怎麼睏得不得了
10.A:你經常去卡拉OK嗎?
  B:不,很少去。

Author:
• 星期四, 六月 23rd, 2016

「かわいくて応援したくなる」!? 話題の西武・台湾人通訳に直撃
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160621-00010011-fullcount-base&p=1

 6120991673024512-300x192
019663台湾人3選手の通訳を務める台湾出身・袁嘉迪氏054837
 4月24日、西武プリンスドームで「台湾デー」が開催された。その日の試合前、台湾と日本のプロ野球の違いについて郭俊麟投手、C.C.リー(李振昌)投手に話を聞いた時、通訳をしてくれたのがライオンズで台湾人選手の通訳を務める台湾台中出身の袁嘉迪さんだ。
IMG_0465

 親しみやすい人柄がとても印象的で、和やかな雰囲気で取材をすることができた。そんな袁さんの人柄は、郭俊麟投手のヒーローインタビューの際にファンにも伝わったようで、ネット上で「かわいくて応援したくなる」と話題になった。しかし「西武ライオンズの通訳さん」というだけで、その名前もあまり知られていない。そこで、袁さんに日本語に興味を持った理由や、ライオンズの通訳になったきっかけなど話を聞いた。

――いつからライオンズの通訳を務めているのでしょうか?
「2015年からです。郭俊麟投手の担当でライオンズに来ました」

――台湾ではどんな仕事をしていたのですか?
「2004年に台湾のプロ野球チームで広報の仕事を始めました。2006年に英語の通訳になり、チームでは広報兼通訳として働いていました」

――ライオンズ通訳になったきっかけは?
「台湾で知人にオファー(offer)をいただきました」

なぜ日本に興味を持ったのか 

――なぜ日本に興味があったのでしょうか?

「両親が日本企業で働いていました。家でも日本語の単語をよく使っていたので、親しみがありました。2007年に台湾での仕事を辞め、日本に来日して半年間日本語学校に通いました。今でも日々の会話の中で勉強中です」
IMG_0474
――日本語の難しいところは?

「動詞の変化と敬語です。中国語は敬語がありません。英語もあまり敬語がないので、日本語は難しいですね」

――通訳をするうえで気を付けていることは何ですか?

「コーチ、選手が言うことを訳すのではなく、その時の状況を判断し、言葉遣いを選んで訳しています。この仕事で大切なことは、日本語を話せるかが1番ではなくて、野球を知っているかどうかが1番だと思います。野球を知らないとできない仕事だと思います」

――選手とのコミュニケーションで気を付けていることは?

「ピッチャーは打たれたら、コーチから今日の反省点について話があります。その場の状況に応じて、本人が落ち着いてから詳しく伝えています」
 
通訳をやっていて良かったこと、「テレビゲームの中で遊んでいた人と…」 

――袁さんが感じる日本と台湾の野球の違いは?

「日本の野球は、1点を取りに行く緻密なプレーが多いですね。台湾の野球はここ数年、アメリカの野球の影響を受け、力勝負になっている傾向があります。日本の野球にも力勝負のところもありますが、細かい作戦、プレーは世界一だと思います。応援もだいぶ違いますよ。台湾の応援は賑やかです。ベンチの真上でやっています。熱いファンが多いので、盛り上がりますね」

――通訳をやっていてよかったことは?

「憧れの人と日々生活していることです。それを最初に感じたのは、台湾プロ野球の仕事をしているとき、高津臣吾さんを担当した時です。台湾の空港へ迎えに行き、入団会見にも同席しました。子どもの頃、テレビゲームの中で遊んでいた人と一緒に生活している。不思議な気持ちでした」  
imgapi_nownews_com
中華職棒興農牛隊(2010年~2010年11月26日)
http://twbsball.dils.tku.edu.tw/wiki/index.php/%E9%AB%98%E6%B4%A5%E8%87%A3%E5%90%BE
――今後の夢は何ですか?017212

「野球がやりたいです。キャッチャー、ファーストをやっていたのですが、打てないし走れないから、試合に出たことはなく、ベンチ担当でした(笑)。ベンチの前で素振りをやって、相手チームに『代打が出るかも』と思わせていました」 
台灣棒球維基館-袁嘉廸介紹059756
http://twbsball.dils.tku.edu.tw/wiki/index.php/%E8%A2%81%E5%98%89%E8%BF%AA
IMG_0480
021542

「かわいくて応援したくなる」!? ヒーローインタビューでの西武・台湾人通訳の袁嘉迪さん(2:48あたりから)【動画提供:パ・リーグTV】
http://full-count.jp/2016/06/21/post35860/4/
IMG_0466