Archive for ◊ 二月, 2017 ◊

Author:
• 星期日, 二月 26th, 2017

062385桜-森山直太郎

017320

062385桜-夏川里美

047905

062385唱歌學日文
https://www.jpmarumaru.com/tw/JPSongPlay-103.html

038585002644


さくら(櫻花)039343
作詞:森山直太朗・御徒町凧
作曲:森山直太朗

僕らはきっと待ってる 君とまた会える日々を
flower_0061さくら並木の道の上で 手を振り叫ぶよ
どんなに苦しい時も 君は笑っているから
挫けそうになりかけても 頑張れる気がしたよ

 霞みゆく景色の中に あの日の唄が聴こえるflower_0061

さくら さくら 今、咲き誇る
刹那に散りゆく運命と知って
さらば友よ 旅立ちの刻 変わらないその想いを 今

flower_0061今なら言えるだろうか 偽りのない言葉
輝ける君の未来を願う 本当の言葉

移りゆく街はまるで 僕らを急かすようにflower_0061

flower_0061さくら  さくら ただ舞い落ちる
いつか生まれ変わる時を信じ
泣くな友よ 今惜別の時 飾らないあの笑顔で さあ

さくら   さくら いざ舞い上がれflower_0061
永遠にさんざめく 光を浴びて
さらば友よ またこの場所で会おう

さくら舞い散る道の上でflower_0061

063443


なみき【並木】
[名]街樹。街道兩旁的樹木

さけぶ②【叫ぶ】
[自五]
1.呼叫。喊叫。
彼は救いを求めて大声で叫んだ / 他大聲呼救。
2.呼籲。
民族の独立をさけぶ / 呼籲民族獨立。

くるしい③【苦しい】
[形]
1.痛苦的。難受的。
息がくるしい / 喘不上氣來。難受。
2.(經濟狀況)困難的。艱難的。
くるしい中から子供を三人まで大学にやる / 在經濟困難的情況下供3個孩子念大學。
家計がくるしい / 生計拮据。
3.勉強的。牽強的。
くるしい解釈 / 牽強的解釋。
くるしい言いわけ / 勉為其難的辯解
(慣用語)
くるしい時の神頼み / 臨時抱佛腳。

くじける③【挫ける】
[自下一]
1.折壞。彎壞。
2.挫。扭。
3.受到削弱。受挫。頹喪。灰心。

なりかけ
形容逐漸變化,還差一點就……的狀態。
(もう少しである状態になりそうだ、変化しつつある、などの意味の表現。)
この店の景気も下向きになりかけた
這家商店也不那麼興旺了.

註:單字解說摘自快譯通日華華日辭典
002644

櫻花中文翻譯(MONIC翻譯版) 

我們一定會等著 與你相見的那一天

櫻花樹林立的路上 揮著手呼喚著
無論多麼痛苦 因為有你的笑容
即使遭受挫折 也有勇氣努力面對

在佈滿晚霞的景色中 可以聽見那天的歌

櫻花 櫻花 此刻盡情的綻放
也明白那剎那散去的命運
再見了我的朋友 踏上旅途之時 此刻存在的那份思念永遠不變

此刻應該能說出 毫無虛偽的真心話
希望你的未來是燦爛的 這是我的真心話

物換星移的街道 像是在催促我們似的

櫻花 櫻花 現在飄舞而下
相信有一天能瞬間重生
別哭 我的朋友 現在是惜別的時候 請用不掩飾的笑容

櫻花 櫻花 一旦飛舞起來
永遠沐浴在熙熙攘攘的陽光中
再見了我的朋友 會在此地再相遇的
flower_0061
櫻花飛舞的路上
041912

 


 

!cid_159c4a99998d65e73262

Author:
• 星期六, 二月 25th, 2017

!cid_15a73ff775bdd1e0d2e2
最後の最後に

責任のが果たせなかったことを

辞書編集部の皆さんに詫びします

大渡海完成のには

私はもうこの世にはいないでしょう

しかし今は不安も後悔もありません

大渡海が言葉というたたえた

大海原を行く姿まざまざと見えるからです。

荒木君一つだけ訂正します

私は以前

君のような編集者には

二度と出会えないと言いましたが

あれは間違いでした

君が連れて来てくれた馬締君のおかげで

私は再び辞書の道まい進することができたのです

君と馬締君のような編集者に出会えて本当によかった

あなたたちのおかげで

私の生この上なく充実したものになりました

感謝という言葉以上の言葉がないか

あの世があるなら

あの世で用例採取するつもりです

大渡海編さんの日々は何と楽しいものだったでしょう

皆さんの大渡海の末永く幸せな航海を祈ります

時々思う

僕らは旅人なのだと

そして辞書は僕ら旅人の行き先照らす

人が旅を続ける限り

それは受け継がれ繰り返し書き換えられて

旅人の行き先を照らすだろう

そう信じて 

僕らは繰り返し船を編む

                                             『船を編む』第11話より

!cid_15a73ff5e364164212f1

049174

はたす②【果たす】
[他五・接尾五型]
(他五)完成。實現。實行。
 責任をはたす / 盡責任。
 望みをはたす / 實現願望。
 目的をはたす / 實現目的。
 
わびる③⓪【詫びる】
[他上一]
道歉。賠罪。
 御無沙汰をわびる / 久疏問候敬請原諒
 
あかつき⓪【暁】
[名]
 1.拂曉。
 あかつきを告げる / 報曉。
 2.當……之際。
 成功のあかつきには改めてお祝いをいたしましょう / 待成功之際,再祝賀(您)。
 
このよ③【此の世】
[名]
人間。人世。今世。
 このよを去る / 去世。
 このよのものと思われない / 簡直令人難以置信。 

たから③【宝】
[名]
寶。寶貝。金錢。
 国のたから / 國家之寶。國寶。
 たからの持ち腐れ / 空藏美玉。捧著金碗討飯。
 
たたえる④③②⓪【湛える】
[他下一]
 1.裝滿。充滿。
 杯に酒をたたえる / 杯裡裝滿酒。
 2.滿面。
 笑みをたたえる / 滿面笑容。
 
すがた①【姿】
[名・接尾]
1.[名] 身姿。身材。身段。
 すがたがいい / 身材好。
 りりしいすがた / 威風凜凜的身軀。
 うしろすがた / 背影。
2.裝束。打扮。
 女のすがたになる / 女人打扮。
3.面貌。狀況。
 ありのままのすがた / 本來的面貌。
4.形跡。
 すがたを消す / 消聲匿跡。
 すがたを見せる / 露面。
5.整個的(雞魚等)。
 とりのすがた焼き / 整隻烤的雞。
[同]容姿。
[接尾](穿著某種衣服時的)裝束。
 寝間着すがた / 穿著睡衣。
 ランニングすがた / 穿著背心。
 旅すがた / 旅行打扮。

まざまざ③①
[副]
清清楚楚。歷歷在目。
 この目でまざまざと見た / 親眼所見。歷歷在目。
 
ていせい⓪【訂正】
[名・他サ]
訂正。改正。
 
ふたたび⓪【再び】
[副]
又。再一次。
 二度とふたたびこんな事はするな / 再也不許幹這種事啦。
 ふたたびお会いするまで / 等到下次再見。
 
まいしん⓪【邁進】
[名・自サ]
邁進。勇往直前。
 一路まいしんする / 一往直前。
 
このうえない⑤【此の上無い】
[形]
無比的。無上的。極……。
 このうえない名誉 / 無上光榮。
 この上なく不名誉な事件 / 極不光彩的事件。
 
いじょう①【以上】
[名・接尾‧接助]
1.以上。上述。前面所述。
 いじょう申し述べた通り / 如前所述。
2.(數量)以上。不少於。超過。(程度)超出。更多。
 予想いじょう / 超出預料。
3.既然。
 生きているいじょうは何か仕事をせねばならない / 既然活著,就要做點工作。
 
あのよ③⓪【彼の世】
[名]
來世。死後世界。
 
さいしゅ①⓪【採取】
[名・他サ]
1.選取。採取。
 指紋をさいしゅする / 取指紋。
 薬草をさいしゅする / 採集草藥。
2.提取。
 砂金をさいしゅする / 淘沙金。
 
すえながく③【末長く】[末永く]
[連語・副]
永久。長久。
 
たびびと⓪【旅人】
[名]
旅客。旅行的人。
 
いきさき⓪【行先】
[名]
目的地。
 
てらす②③【照らす】
[他五]
1.照射。照亮。
 月が夜道をてらす / 月光照亮夜路。
 肝胆相てらす / 肝膽相照。
2.依照。參照。
 法律に照らして処分する / 依法處置。
 
かぎり①【限り】
[名]
1.限度。極限。
 あらんかぎり / 盡其所有。
 ぜいたくのかぎりを尽くす / 極盡奢侈。
2.在……範圍內。
 この場かぎりの話 / 只在這說的話,不要外傳。
 非常の場合はこのかぎりではない / 特殊情況,不在此限。
3.只要。
 あやまらないかぎり許さない / 只要不道歉就不原諒。
 仕事があるかぎりは帰らない / 只要有工作就不回去。
 
ともしび⓪③【灯】
[名]
燈。燈火。
 
うけつぐ③⓪④【受け継ぐ】
[他五]
繼承。承繼。
 伝統をうけつぐ / 繼承傳統。
 
くりかえし⓪【繰り返し】
[名]
重複。反覆。
 
かきかえる④⑤⓪③【書き換える】
[他下一]
 重新寫。另寫。
 改寫。
 用新字體寫。 

049174

最後時刻

未能盡到責任

我向辭典編輯部的諸位表示深深的歉意

大渡海完成之時

估計我已經不再人世了

但如今我既無不安也無後悔之意

因為大渡海承載著語言瑰寶

在大洋中航行的樣子清晰可見

荒木君我要更正一點

在此之前我說過

像你這樣的編輯

不會再出現第二個了

我說錯了

多虧你帶來的馬締君

我又可以在編輯辭典的路上大步前行

能遇見像你和馬締君一樣的編輯真是太好了

多虧了你們大家

我的人生才如此無限充實

感謝之上還有什麼詞語呢

如果有那個世界存在那樣的詞語

我會將其收錄在例句採集卡裡

編撰大渡海的日子是多麼的愉快

我會為大家永遠幸福的航海之旅祈福

有時我會想

我們都是旅人

而辭典則是照亮我們旅人前進的明燈

只要人們繼續前進

這盞燈就會代代傳承不斷被書寫

為旅人照亮前進的方向

所以我相信

我們會不斷地編織詞舟
                                                 
 摘自RH翻譯字幕組007845

Author:
• 星期五, 二月 17th, 2017



岸辺:馬締さんは辞書をどんなものだと思っていますか。

真締:それは、またいきなりどうしましたか?

岸辺:馬締さんの考えを教えてほしいんです。

馬締:そうですね。

   人が人と理解し合うための助けとなるものです。

   誰かと話している時、本を読んでいる時

   僕たちはたくさんの言葉に触れますよね

   それらの言葉の向こうにはその言葉を発した人がいる

   その人が何を思って何を伝えたいのか

   理解するための助けとなるもの

   それが辞書だと思います。

   でも辞書は万能ではありません

   人の手で作っていますし

   全ての言葉を集めるなんてできません

   それに言葉は生き物です。

岸辺:生き物?

馬締:はい

         言葉の使い方は時代の変化と共に変わっていき

         新しい意味が加わっていくでしょう

         例えば

岸辺:微妙とか?ヤバイとかも

馬締:そうですね。

   入れ子のように新た意味に包み込まれて

   もともとの意味がわからなくなった言葉もあるのです。

先生:だからこそ辞書は作り続けられるのです

   変化する言葉や消えていく言葉

   新しく生まれる言葉の中でいつの時代でも

   みんなが互い理解し合えるように

   私や馬締君だけでは足りない

   あなたのような若い人の感性もちゃんと取り入れて

   大渡海を編さんしていきましょう

岸辺:はい

       『船を編む』第9話より

049174

又②⓪【また】
[副]
 1.(也寫作「亦」)亦。也。同樣。
 彼もまた商人だ / 他也是商人。
 これもまた傑作だ / 這也是傑作。
 2.(也寫作「復」)再。又。還。
 また伺います / 改日再拜訪。
 またとない機会 / 不會再有的機會。難得的機會。
 3.(表示震驚及強烈的疑問)究竟。又……。
 これはまたどうしたことか / 這究竟是怎麼回事?
 なんでまたそんな事をするんだ / 怎麼會幹出那種事兒
 
いきなり⓪
[副]
突然。冷不防。猛地。
 いきなり人のほおを打つ / 突然就打人嘴巴。
 いきなり白い世界が目の前に開けた / 眼前忽然閃現出一片白色世界。


入れ子
[名]
1.套匣(大小不同,可一個套一個的幾個盒子)。
2.(自己孩子死後)抱養(領養)的孩子。

!cid_15a4acdf73a65a041301

へんさん⓪【編纂】
[名・他サ]
編纂。編寫。編輯。

049174

岸邊:馬締先生覺得辭典是什麼

馬締:怎麼突然想起問這個呢

岸邊:因為我想知道馬締先生的想法

馬締:這個嗎

   是能幫助人們互相理解的東西

   和別人說話的時侯 看書的時侯

   我們接觸了很多語言對吧

   語言的背後是說出語言的人

   那個人在想什麼 想傳達什麼

   為了理解這些的道具

   就是辭典

   但辭典並不是萬能的 

   辭典是人製作出來的

   也不可能包括所有的語言

   而且語言是活的

岸邊:活的?

馬締:是的

   語言的用法隨著時代的變化而變化著

   也會追加新的含義對吧

   比如說

岸邊:微妙啊 糟糕之類的

馬締:是的呢

   像套盒一樣被新的語言層層包裹

   也有原有的含義被遺忘的語言

先生:所以我們會不斷地製作辭典

   變化的語言 消失的語言

   新產生的語言中 無論哪個時代

   為了讓人們能互相理解

   只有我和馬締是不夠的

   也需要加入你這樣年輕人的感性

   讓我們一起編纂大渡海吧

岸邊:好
                                摘自RH翻譯字幕組007845